京都伏見の地酒 東山酒造有限会社

東山酒造とは

京都伏見でこだわりの酒造りを追求する東山酒造は、杜氏伝承の日本酒の歴史と伝統を重んじた仕込みを継承し、本来の日本酒の旨さを追求したこだわりの純米酒を育て続けています。現在は、南部杜氏 保坂康夫が、長年培ってきた「技」と「経験」でじっくりと醸しています。

造りのこだわり

鳥取県田中農場(田中正保氏主宰)のほぼ有機栽培に近い「特別栽培米・山田錦」のみを100%使用した「坤滴」。 京都産の幻の酒米「祝」を100%使用した「魯山人」。 どれも60%まで精米した米を使い、米による味わいの違いを追及しています。 また、日本酒本来の味をしっかり残すためにゆるやかな濾過を行い、無色透明ではなく少し山吹色で、濃醇な味わいと香りをお届けします。

名水「伏水」

日本酒に重要な水は日本名水百選の第1号に選ばれた「伏見の御香水」と同じ水脈から湧き出る京都の名水「伏水」を使用。伏水はカリウム・カルシウムをバランスよく含んだ口当りの柔らかい中硬水で、低温でも十分にお酒を発酵させる力を持つ水です。この伏水を使い、杜氏を筆頭に丹念を込めて美味しい日本酒を醸します。

主な商品

坤滴

坤滴は米を育てる「土」にこだわり、鳥取県田中正保氏の手による特別栽培米「山田錦」を100%使用した特別純米酒。坤滴の「坤」は“土”と“伸びる”の合字で万物を成長させる大地の意。大地からの滴と言う意味を持っています。

魯山人

かの北大路魯山人が自らの創作心の赴くままに生み出した作品は、彼そのものを映し出すが如く濃密な個性を輝かせたように、この酒は素材の魅力を引き出すだけでなく造り手の確固たる信念を、舌に、鼻腔に突き付けます。

六玄

岡山県国定豪氏が減農薬減化学肥料にこだわり栽培した山田錦を使用し京都の名水「伏水」でじっくりと丁寧に醸し上げました。気品のある香りと巾のある味わい、スッキリとした飲み飽きない旨さの特別純米酒です。

洛伝

龍の水「洛伝」は京都のものづくりの伝統的姿勢を守って酒造りに取り組む東山酒造のこだわりを表現しています。減農薬減化学肥料栽培の雄町を使用し、伏水でじっくりと低温発酵し米の味わいを充分に引き出しました。